クリス葬祭 代表髙橋のつぶやきBLOG

2014年10月31日 金曜日

戒名

葬儀 家族葬 直葬 一級葬祭ディレクター クリス葬祭 代表 高橋康徳

です。

戒名とは本来、出家した人が仏弟子として戒律を受け、初めてお坊さんから

いただくもの。正しくは生きているうちに仏教徒となって授かるものです。

ところが実際には、私たちのほとんどが生前に戒名を持っていません。

そこで死後、この世からあの世へと旅立つときに戒名を授けてもらい、仏門

に入るという形をとっているのです。

もともと戒名はその人の仕事などに関連してつけられる二文字のあとに、性別

などがわかる文字、男性なら居士や信士、女性なら大姉や信女、子供なら童士

や童女、死産児なら水士などをつけるのです。

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

アーカイブ

365日24時間受付 365日24時間受付

お客様からできるだけたくさんのご要望をお聞きすることが、お客様へ安心感を与え、信頼感を結べる最善の方法と考え、日々お葬式のお手伝いをさせて頂いております。

葬送は、「大切な家族だから・・・」「今できることは・・・」という想いをご相談して欲しいのです。
そんなお客様の想いを現実にし、大きな安心感を得て頂けるよう精一杯頑張っていきたいと思っておりますので、いつでもお気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせはこちら
■本店
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町2361-3
■八幡サロン
〒614-8364 京都府八幡市男山松里15-10